自動車の所有権の解除とその費用

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

所有権留保と所有権解除

自動車の所有権解除自動車を売却したり廃車にする際、まずは自動車の所有権が誰にあるかを確認しなければなりません。
車検証の所有者欄に誰の名前が記入してあるか、その記入してある氏名が所有者なのです。

一般的には、自動車をローンで購入した場合の車検証上の所有者は自動車販売店やローン会社になります。
これを「所有者留保」といい、購入者はローンの支払いが完了するまで名義変更ができません。

また、完済したからといって自動的に所有権が移行するわけではなく、「所有権解除」の手続きをしてはじめて車検証上の所有者となるのです。
普段の生活で自動車を使うぶんには誰が所有者であろうが支障はありませんが、売却や廃車を考えた際には、所有者である自動車販売店なりローン会社なりの譲渡書類が必要となってきます。

この場合、法人によっては書類を揃えることが困難な状況になっていることもあり得ますので、自動車ローンの支払いが完了して、完済証明通知が届いたら即座に所有権解除の手続きをしておきましょう。

所有権解除にかかる費用

所有権解除の手続きをどこかに依頼する場合、費用は実費プラス人件費となります。
また、自動車販売店の負担で手続きしてくれるところもありますので確認しておきましょう。

多少手間はかかりますが、費用を抑えるために自分で手続きをするのもいいかもしれません。
車庫証明で約2,700円、陸運事務所手数料が500円、住民票なども含めて3,500円ほどで済みます。

所有者になっている自動車販売店で所有権解除手続きを行わなければならないという決まりごとはありませんので、自身で陸運局に行って手続きを行う場合は、自動車販売店に所有権解除に必要な譲渡証明書・印鑑証明書・委任状などの書類を発行してもらいましょう。

買取価格を3万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【3万円】アップさせる方法!


■関連記事
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
ディーラーと買取業者を比較してみよう
無料一括査定サービスを有効活用しよう
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

自動車リサイクル法とその料金

自動車リサイクル法とその料金。自動車リサイクル法とは、その名の通り廃車処分される自動車から出る有用な資源をできるだけリサイクルしようという法律です。リサイクル料金は、車種やエアバックの数などやエアコンの有無で金額が変わってきますが、一般車両であれば6,000~18,000円ほどになります。

ページの先頭へ