自動車リサイクル法とその料金

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

自動車リサイクル法とは

自動車リサイクル法とは自動車リサイクル法とは、その名の通り廃車処分される自動車から出る有用な資源をできるだけリサイクルしようという法律です。

日本では年間360万台もの自動車が廃車となっています。
自動車は鉄やアルミなどの金属を多く使用しているので、その80%はリサイクルされます。
そして残りの20%は、「シュレッダーダスト」いわゆる解体や破砕後に残るゴミとして埋め立て処分されるのです。

しかし現在ではその埋め立て処分をするスペースが追いつかなくなりつつあり、それによって埋立処分費用は高騰し、不法投棄が心配されるようになりました。
他にも、オゾン層破壊や地球温暖化問題を引き起こさないためのフロン類の適正な処置、爆発性のあるエアバッグ類を安全に処理するための専門的な技術など、さまざまな問題もでてきたのです。

そこで、2005年1月にこれらの問題を解決するべく「自動車リサイクル法」がスタートしました。
この自動車リサイクル法とは、自動車メーカーや輸入業者に、廃車とされる自動車からエアバッグ類やフロン類やシュレッダーダストの引き取りとリサイクルを義務づけたものです。
そしてその処理費用は自動車の所有者が負担することとなっています。

リサイクル料金

リサイクル料金リサイクル料金は、車種やエアバックの数などやエアコンの有無で金額が変わってきますが、一般車両であれば6,000~18,000円ほどになります。

2005年2月1日以降に購入したり車検をとっている自動車であればリサイクル料金はすでに支払っているはずですので、廃車する際に再度リサイクル料金を支払う必要はありません。

また、リサイクル料金を支払っている自動車を売却する場合は、車両の価値金額だけでなくリサイクル料金に相当する額も受け取ることができます。
リサイクル料金支払い時に発行された「リサイクル券」を次の所有者に渡して、車両価値金額+リサイクル料金を受け取りましょう。

ちなみに、買取専門業者などへ渡した自動車が海外へ輸出された場合には、自動車の所有者本人が所定の手続きを行うことでリサイクル料金が戻ってきます。

買取価格を3万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【3万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車リサイクル料金について(1)
自動車リサイクル料金について(2)
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
ディーラーと買取業者を比較してみよう
無料一括査定サービスを有効活用しよう
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

廃車にしたら自動車リサイクル料金は戻るの?

廃車にしたら自動車リサイクル料金は戻るの?自動車リサイクル料金は、原則的には自動車の購入時に所有者が支払う義務があります。つまり2005年の自動車リサイクル法が制定されたあとに、購入もしくは車検を受けていればすでに支払っているはずなのです。

ページの先頭へ