普通車の解体届け必要書類について

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

解体届けを出す前に

解体届けを出す前に普通車の解体届けの手続きをするには、先に自動車の解体処理をして、解体後の15日以内に行わなければなりません。
また、あらかじめ解体した業者から移動報告番号と解体報告記録日の報告を受ける必要があります。
ただし、すでに永久抹消登録された自動車については解体届けを行う必要はありません。

普通自動車の場合の解体届けの流れは

  • ・一時登録抹消を行う
  • ・自動車を解体する
  • ・運輸支局にて解体届け手続きを行う
  • ・運輸支局にて自動車重量税の還付申請を行う
となります。

解体届けに必要な書類

解体届けに必要なものは
  • ・登録識別情報等通知書(一時抹消のときに交付された書類で、平成20年11月頃以前に一時抹消された場合は「一時抹消登録証明書」となります)
  • ・申請書(OCR第3号様式の3、管轄の運輸支局や自動車検査登録事務所で有料にて入手)
  • ・手数料納付書と印紙(管轄の運輸支局や自動車検査登録事務所にて入手)
  • ・印鑑(自動車の所有者が手続きをする場合は申請書への押印で、所有者以外が代理人として手続きをする場合は委任状への押印などで使用します。)となります。

解体届けに必要な書類なお、所有者以外(代理人)が解体届けをする場合で、同時に自動車重量税の還付申請もするときには、その所有者以外(代理人)の押印が必ず必要になります。

また地域によっては、自動車重量税と解体届けを兼ねる委任状を1枚、解体届けの委任状と自動車重量税の委任状の2枚と、必要となる委任状が違ってくることがあります。

くれぐれも運輸支局や検査登録事務所などで事前に確認をしてから手続きしましょう。

買取価格を5万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【5万円】アップさせる方法!


■関連記事
廃車についての基礎知識
永久抹消登録申請書と必要な金額
永久抹消登録 解体届出手続き完了のお知らせ
永久抹消登録 自動車税申告書は必要?
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
ディーラーと買取業者を比較してみよう
無料一括査定サービスを有効活用しよう
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

ページの先頭へ