多走行車・過走行車の買取

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

多走行車・過走行車を下取りに出したら?

多走行車走行距離が10万キロを超えたり、新車で購入してから6年以上経っていて7万キロ以上走っていたり、このような車を多走行車または過走行車といいます。

ではそろそろ新しい車に乗り換えようかと下取りに出したとしましょう。
どのくらいの査定額がつくでしょう。
答えは「査定額はまずつかない」です。
多走行車や過走行車といわれる車は査定0円となることがほとんどなのです。つまり下取りとしての価値はないということです。

ならば廃車にするのかというと、そうではありません。下取りとしての価値はなくても、ほかの価値が見いだせる買取業者を見つければいいのです。

多走行車・過走行車でも売れる理由は?

世界の各国から需要日本車の性能は海外から注目されています。
故障しない、故障しても修理しやすい、長い期間乗れる車、として世界の各国から需要があるのです。
そのうえ燃費もいいのですから人気があるのも当然といえば当然ですね。

日本では車検が義務付けられているため、多走行車や過走行車であっても傷みが少なく、車として充分に役目を果たせます。
また海外では日本と考え方が違い、一度乗ったら乗り潰す、中古車を購入して修理は自分でする、少しぐらいのキズなら放っておくという人が大半です。

日本では少しでもキズがついたらすぐに直してもらい、走行距離も海外から比べるとかなり短いスパンで乗り換えます。
そのため日本に来た外国人は、走っている車のどれも新車のようにキレイだと驚くのだそうです。
つまり、日本で査定0円といわれた車でも、海外に輸出すれば普通に乗れる車として売れるというわけです。

もし車として売れなくても、日本車はパーツとしても価値があります。
多走行や過走行で壊れているパーツもありますが、その反面、エアロパーツやカーナビなどはそれほど消耗せずに使用可能なものが多いのです。
さらに言えば、どのパーツも使い物にならないとしても、最終的には鉄くずとしてリサイクルされる道もあります。

多走行車・過走行車を買取業者に査定してもらおう

買取業者にはそれぞれのルートや得意分野があり、多走行車や過走行車でも買取してくれる業者もあります。
そういった買取業者を見つけるのは面倒と言う方もいると思いますが、そんなことはありません。
今では複数の業者に一括して見積依頼をできますので、そうした効率よい方法を活用してみましょう。
輸出が得意な買取業者なら思ったより高い査定額を提示してくれることがあります。
たくさんの業者の中からより高い査定額を提示してくれる買取業者を見つけてみましょう。

より高く買取してもらうために、買取業者を競合させて買取額を上げていくのが一番の方法です。
詳しくは下記「もっと高く買取してもらえる方法」をご参照下さい。

買取価格を3万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【3万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
不動車売却のメリット
不動車を高く売るポイント
ディーラーと買取業者を比較してみよう
無料一括査定サービスを有効活用しよう
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

ローンが残っている車の廃車

ローンが残っている車の廃車について。廃車するにしても、ローンの支払いが終わっていない場合、廃車にしてもいいのか迷うところです。自分に所有権がある場合、廃車にすることは可能ですが、所有権がない場合にはその残っているローンは完済しなくては廃車にすることはできません。廃車とローンの残りを同時に返済できないと言うのであれば、やはり買取が一番良い方法と言えるでしょう。

ページの先頭へ