ローンが残っている車の廃車

説明事故などで車が修理不可能までに破損してしまうケースがないとは言い切れません。

しかし、車にローンは付き物です。

廃車するにしても、ローンの支払いが終わっていない場合、廃車にしてもいいのか迷うところです。

ローンが残っている車は支払いが終わらない限り、売却することはできないのでしょうか?
詳しく見ていくことにしましょう。

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

ローンが残っている車は廃車にできるか?

実際、ローンを支払っている途中であったとしても、車を廃車することは可能です。

ただし、その際には車検証に記載されている車の所有者が誰になっているのかを確認する必要があります。

ローンが残っている車の廃車所有者が使用者本人の名前であればローンが未払いであったとしても廃車手続きを進めることが可能ですが、基本的にこの所有者というのはローン会社かディーラーになっている場合が多いです。

その場合には、廃車にすることは難しくなってきます。

車の所有権が自分にないため、車が使用できないほどに破損していても、勝手に廃車にすることはできません。

つまり、廃車をする為には所有権を持つ会社側と交渉をする必要があります。

廃車しか道がないようであれば、会社側も名義変更に応じてくれる可能性がありますが、無理そうな場合は残りのローンを完済するまで何もできません。

ローンが残っているなら買取が一番

自分に所有権がある場合、廃車にすることは可能ですが、所有権がない場合にはその残っているローンは完済しなくては廃車にすることはできません。

ローンが残っているなら買取が一番その為、ローンの支払いのことも考えて、廃車の手続きを進める前に、買取が可能か検討してみることが大切です。

修理が難しいほど破損が激しい車であったとしても、場合によっては買取ってもらえることがあります。

買取が可能な場合、買取額をローンの返済に充てることができるため、所有権を外すことができます。

つまり売却できれば処分が可能となるわけです。

ローンが残っている車を売却する時には

ローンが残っている、所有者が自分にない車を売却する時には、まず査定をお願いしましょう。

その結果、買取額で返済が可能であれば、そのまま業者にお願いし、所有権解除手続きを取ることで売却ができます。

ローンが残っている車を売却する時にはまた、買取額がローン残高に満たない場合、その残りを補うことでも売却が可能となっています。

廃車とローンの残りを同時に返済できないと言うのであれば、やはり買取が一番良い方法と言えるでしょう。

ただし、必ず現所有者であるカーローンや銀行側に連絡を入れる必要があります。

業者が行ってくれることもありますが、決して無断で売却をしてはいけません。

横領罪として罰せられ、例え知らなかったとしても罪になります。
注意しましょう。


買取価格を3万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【3万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
不動車売却のメリット
不動車を高く売るポイント
ディーラーと買取業者を比較してみよう
無料一括査定サービスを有効活用しよう
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

事故車の買取・販売

事故車の買取・販売・売却について。事故を起こしてしまった車というのは損傷も激しく、乗れなくなってしまったり、そのまま動かなくなって不動車として放置されることも少なくありません。その為、事故車の場合、修理もしくは廃車にしてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、パーツを海外などに販売するために、高額で事故車の買取を行っている会社も多くあります。

ページの先頭へ