自動車税の還付金と計算方法

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

還付金の受取人は

自動車税の還付金の受取人は自動車税の納付書は5月頃に送られてきて、4月から翌年3月までの1年分をまとめて支払わなければなりません。
したがって自動車を廃車にした場合は、その年の4月1日の時点でその自動車の所有者であり、自動車税を一括で支払った人が自動車税の還付金を受け取ることになります。

仮に7月に自動車を購入してその年の12月に廃車にしたとしても、還付金は受け取ることができないのです。

また軽自動車に関しては、たとえ年度の途中であっても自動車税の還付はされません。

還付金の計算方法は

自動車税の還付金の計算方法は?自動車税の還付金は、4月に払い込んだ自動車税を基準に計算されます。
自動車税を月数の12で割り、廃車にした月の翌月から翌年の3月までの分が還付金となります。

たとえば2000ccの自動車を7月に廃車にしたとします。
1501~2000ccの自動車税は39,500円ですので、月数である12で割って1ヶ月当たりの税額を出すと約3300円です。
ちなみに50円以下は切り捨てです。
7月に廃車にしたので翌月の8月から翌年の3月まで、8ヶ月分が還付対象となります。
3300円に8を掛けた約26,400円が還付金となるわけです。

廃車手続きをした日が同じ月であれば、1日でも31日でも還付金額は同じです。
逆に、31日に手続きするつもりだったのが翌月の1日になってしまった場合は還付対象期間が短くなり、1ヶ月分の還付金を損してしまうことになります。

廃車を決めたら少しでも早い時期に手続きを完了させることをオススメします。

買取価格を5万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【5万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車税の還付金について(1)
自動車税の還付金について(2)
自動車税の還付金について(3)
不動車の金銭的価値
不動車買取相場
不動車を引き取りに出そう!
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
不動車を高く売るポイント
ディーラーと買取業者を比較してみよう
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

廃車をした場合の還付金のトラブル

自動車税の還付金にまつわるトラブルは、自動車を廃車にした場合にも見受けられます。古い自動車はどこの業者に見積もりを出しても低い査定価格だったので、それならばいっそと新しい自動車を購入するディーラーに廃車にしてくれるよう手続きをお願いしたのです。

ページの先頭へ