買取査定0円の不動車・廃車をお金にする方法〜売却成功者の喜びの体験談を掲載中〜

HOME > > 一時廃車した車の再登録方法

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。

>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!


一時廃車した車の再登録方法

一時廃車(一時抹消登録)した自動車を再び登録する手続きのことを「中古車新規登録」などと呼び、次のような流れで手続きが必要となります。

○事前準備(公道を走れない段階で済ませること)
 ・車庫証明の取得
 ・自賠責保険の加入
 ・仮ナンバー申請

○公道を走れるようになってから
 ・運輸支局ないしは軽自動車検査協会で車検を受ける
 ・中古車新規登録の手続きを済ませる

必要な書類と手続き内容

○公道を走るために必要な書類
自賠責保険への加入以外に、公道を走れるようになるまでに用意するものは次の2つです。

車庫証明1 車庫証明の発行
管轄の警察署で手続きします。警察署へ行く前に準備しておく書類もあるので、管轄の警察署のWebサイトなどで確認しておきましょう。

2 仮ナンバー
各市区町村の役所もしくは、陸運局(運輸局・支局)へ行き、次の書類を提出すれば仮ナンバーを取得できます。

・申請書(自動車臨時運行許可申請書)
・一時抹消登録証明書
・自賠責保険の証明書(原本)
・印鑑(認印)
・身分証明書(運転免許証・健康保険証等)
・仮ナンバー取得費用(750円程度)

○中古車新規登録(所有者と使用者が同一の場合)に必要な書類
公道を走れるようになったら、運輸支局ないしは軽自動車検査協会へ行き手続きを進めます。このとき、事前に用意しておく書類は次の通りです。

一時抹消登録証明書・一時抹消登録証明書
・自賠責証明書
・所有者の印鑑証明書
 (発行から3カ月以内のもの)
・所有者の印鑑
・自動車保管場所証明書
 (発行後1カ月以内のもの)

運輸支局ないしは軽自動車検査協会に行ってから書類をもらって記入するものや、車検後にもらえるものは次の通りです。

・申請書(OCRシート第1号様式)
・手数料納付書
・自動車重量税納付書
・譲渡証明書(一時抹消登録時と所有者が違う場合に必要)
・定期点検整備記録簿
・自動車検査票

なお、重量税は車検場で納付できます。
車検に通って以上の書類をすべて提出できれば、ナンバープレートをもらい、公道を走れるようになります。


■関連記事
自動車登録の手続きと流れ
永久抹消登録申請書と必要な金額
永久抹消登録 解体届出手続き完了のお知らせ
永久抹消登録 自動車税申告書は必要?
所有権解除せずに車を廃車にする方法
廃車にした車の税金の計算式
返納証明書と一時抹消証明とは
車を所有権解除した時の手続きと費用
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。

>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!



永久抹消登録申請書と必要な金額

廃車手続きには、「永久抹消登録」「一時抹消登録」「輸出抹消登録」の3つあります。
>>次の記事へ