永久抹消登録申請書と必要な金額

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!


永久抹消登録申請書と必要な金額廃車手続きには、「永久抹消登録」「一時抹消登録」「輸出抹消登録」の3つあります。
このうち輸出を目的とする輸出抹消登録は他の2つとは少し性質が異なりますので、単に自動車を使わなくなったときの手続きとしては、「永久抹消登録」「一時抹消登録」を行うことになります。

自動車を使わないけれども解体処理しない場合は一時抹消登録となり、解体する場合は永久抹消登録を行います。
あるいは、いったん一時抹消登録した上で名義変更などを済ませてから解体処理することも多くあります。

いずれにせよ、「解体」を前提とした永久抹消登録や、一時抹消登録からの解体届出は、文字通りの廃車(解体)手続きであり、いわば最も廃車手続きらしい処理とも言えます。

そして、この手続きに必要なのが「永久抹消登録申請書」あるいは「解体届出書」と呼ばれる書類です。
どちらもコンピューターで読み込むためのOCR用紙になっており、手続き当日に運輸支局で販売されているものを購入して記入します(100円程度)。

永久抹消登録や解体届出の費用

永久抹消登録や解体届出の費用まず、永久抹消登録や解体届出にかかる費用は大きく分けて3つあります。

・車の引取りと解体費用(無料~2万円程度)
・自動車リサイクル料金(およそ6,000~18,000円。
 基本的に新車購入時に支払っているはず)
・書類作成にかかる費用
 (用紙代は数百円。書類作成を代行してもらう場合は数千円から2~3万円程度)


これらを見てみると、格安で解体してくれる解体業者に自分で自動車を持ち込み、書類作成や陸運局での手続きも自分で行えば、実際にかかる費用総額はかなり抑えることが出来ます。
手続きを代行してもらえば、その分費用は増していきますが、平日業務の運輸支局に行くことが難しい場合には、手続きを代行してもらうと良いでしょう。

買取価格を3万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【3万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車登録の手続きと流れ
一時廃車した車の再登録方法
永久抹消登録 解体届出手続き完了のお知らせ
永久抹消登録 自動車税申告書は必要?
所有権解除せずに車を廃車にする方法
廃車にした車の税金の計算式
返納証明書と一時抹消証明とは
車を所有権解除した時の手続きと費用
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

永久抹消登録/解体届出手続き完了のお知らせ

廃廃車手続きを進めるためには、事前に様々な書類の準備が必要ですが、手続きが完了した際にも受け取る書類がいくつかあります。代表的なものは次の2つです。

ページの先頭へ