永久抹消登録 自動車税申告書は必要?

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!


永久抹消登録 自動車税申告書は必要?廃車手続きを進める際、インターネットでお住まいの地方自治体の該当ページを調べると、必要な書類の一覧が掲載されています。
例えば、○○県のWebサイトを開いてみて、サイト内の検索窓に「自動車税」などの単語を入力すると、関連するページがすぐに見つかるはずです。

自分で手続きするにしろ業者に代行してもらうにしろ、一度は見ておいて損はないと思いますが、中には自治体ごとに必要だったりそうでなかったりするものもあります。
その一つが、自動車取得税・自動車税申告書です。

この書類については、「ネット上の汎用的な解説ページでは必要な書類としてリストアップされているのに、何でうちの県のWebサイトにはリストアップされていないんだろう?」という疑問をお持ちの方もいるかもしれません。

自動車取得税・自動車税申告書とは?

自動車取得税廃車にあたって自動車取得税・自動車税申告書を提出する目的は、自動車税の還付です。
自動車税は4月に1年分を先払いするため、廃車にする際は、一時抹消登録または永久抹消登録された日を基準に、その翌月から年度末の3月分までを月割りにした金額が戻ってきます。

このような還付を受けるために必要なのが、自動車取得税・自動車税申告書の作成と、自動車税事務所などの税申告窓口への提出です。

基本的には、自動車税・自動車取得税申告書を提出することで、あとは待っていると約2カ月後に県税事務所から通知がきます。
その通知書と印鑑を指定の銀行にもっていけば、還付金を受け取ることができます。

ただし、自治体によっては廃車手続きの際に必要な書類として「自動車税・自動車取得税申告書」がリストアップされていない場合もあり、車検証と住所が違うなどの事情がなければ、特に提出を求められないこともあります。

自動車税・自動車取得税申告書を提出しなければ、必ずしも還付を受けられないわけではありませんので、各種窓口で確認してみると良いでしょう。

買取価格を3万円アップさせる方法


■関連記事
自動車登録の手続きと流れ
一時廃車した車の再登録方法
永久抹消登録申請書と必要な金額
永久抹消登録 解体届出手続き完了のお知らせ
所有権解除せずに車を廃車にする方法
廃車にした車の税金の計算式
返納証明書と一時抹消証明とは
車を所有権解除した時の手続きと費用
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

所有権解除せずに車を廃車にする方法

自分が自動車の所有者でない場合は自動車を廃車にできません。自動車の所有者は、車検証の所有者欄に記載されています。

ページの先頭へ