廃車にした車の税金の計算式

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!


廃車にした車の税金の計算式自動車を所有すると、「自動車税」「自動車重量税」という2つの税金を支払わねばなりません。
自動車税とは自動車を所有している運転者に対して課せられる税金のことです。
毎年4月1日現在の時点で自動車を保有している人は毎年4月に1年分の自動車税をまとめて先払いする義務があります。
普通自動車は自動車の区分と排気量によって税額が決まります。
同様のものとして、軽自動車の場合は「軽自動車税」という税金になります。
こちらは一律7,200円です。
ただし、軽自動車は廃車しても還付金はありません。

自動車税は先払いのため、廃車にする場合は廃車にした翌月から3月までの月数で月割りした金額が戻ってきます。
月末締めで計算するので、1日に抹消手続きしても月末に手続きしても還付額は同じです。

自動車税の還付金額=納税金額×廃車にした翌月から3月までの月数/12(100円未満切捨て)

なお、3月に廃車した場合、還付金はありません。
自動車税は、陸運局での抹消手続きのあと自動車税事務所で還付申請を行うことで、廃車してから1~2カ月後に還付通知書が届きます。
還付通知書を金融機関に持参すれば、還付金を受け取れます。

自動車重量税の還付額

自動車重量税の還付額自動車重量税とは車検を受けている自動車に対して課せられる税金のことです。
車種や重量によって納付額は違い、新車購入時に3年分、車検時に2年分を先払いする義務があります。
自動車重量税は、解体を理由とする永久抹消登録申請または解体届出と同時に還付申請が行われた場合に車検残存期間分の車両重量税額が戻ってきます。

やや固い説明になりましたが、要は永久抹消で廃車にするか、あるいは一時抹消状態から解体手続きを進めた場合に戻ってくるということです。
永久抹消は原則として解体されることになるので、いずれにせよ「解体」が還付の条件ということです。
また、車検の有効期間が1カ月以上残っていることも条件となっています。

還付のためには、永久抹消登録(ないしは解体届出)を国土交通大臣に行うと同時に還付申請を行う必要があります。
自動車重量税の還付金額は、納付した重量税額を車検有効期間で割り、その額に車検残存期間を掛けたものとなるので、次のような計算式となります。

自動車重量税の還付金額=納付された自動車重量税額×車検残存期間/車検有効期間

買取価格を3万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【3万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車登録の手続きと流れ
一時廃車した車の再登録方法
永久抹消登録申請書と必要な金額
永久抹消登録 解体届出手続き完了のお知らせ
永久抹消登録 自動車税申告書は必要?
所有権解除せずに車を廃車にする方法
返納証明書と一時抹消証明とは
車を所有権解除した時の手続きと費用
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

返納証明書と一時抹消証明とは

何らかの理由で長期間自動車を使用しない場合、何もしなければ自動車税や自賠責保険も払い続けなければなりません。そのような場合に、自動車税などをストップできるのが一時抹消登録です。

ページの先頭へ