買取査定0円の不動車・廃車をお金にする方法〜売却成功者の喜びの体験談を掲載中〜

HOME > > 返納証明書と一時抹消証明とは

返納証明書と一時抹消証明とは

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。

>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!


一時抹消登録証明書と自動車検査証返納証明書とは

一時抹消登録証明書と自動車検査証返納証明書とは何らかの理由で長期間自動車を使用しない場合、何もしなければ自動車税や自賠責保険も払い続けなければなりません。
そのような場合に、自動車税などをストップできるのが一時抹消登録です。
一時抹消登録した自動車は公道を走れなくなります。
なお、一時抹消登録では自動車重量税の還付は行われません。

この手続きが完了すると、普通自動車の場合には「一時抹消登録証明書」が発行され、軽自動車の場合は「自動車検査証返納証明書」が発行されます。

一時抹消登録した自動車を再び利用することになった場合に、再び公道を走れるようにする登録手続きを「中古車新規登録」などと呼びます。

最終的に自動車を完全に使わなくなって解体処理する場合は、永久抹消登録ではなく解体届出という手続きを進めることになります。
永久抹消登録も解体届出も、自動車を解体する手続きという点では変わりありません。

手続きの概要

OCR用紙手続きする際は、普通自動車の場合には陸運支局、軽自動車は軽自動車協会へ行きます。
持っていくものは、車検証ナンバープレート、それから車検証に記載されている所有者の印鑑登録証明書(普通自動車)または車検証に記載されている所有者・使用者の認印(軽自動車)です。
手続きを業者に代行してもらう場合は、所有者の実印の押印がある委任状も必要です。

陸運支局や軽自動車協会に着いたら、一時抹消登録申請書(OCR用紙)を購入し、必要事項を記入して窓口に提出します。
地域によっては自動車税・自動車取得税申告書も必要ですので、記入して提出しましょう。
一時抹消登録の手続きにかかる手数料は350円です。
書類に不備がなければ、「一時抹消登録証明書」または「自動車検査証返納証明書」が発行されます。

■関連記事
自動車登録の手続きと流れ
一時廃車した車の再登録方法
永久抹消登録申請書と必要な金額
永久抹消登録 解体届出手続き完了のお知らせ
永久抹消登録 自動車税申告書は必要?
所有権解除せずに車を廃車にする方法
廃車にした車の税金の計算式
車を所有権解除した時の手続きと費用
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。

>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!



車を所有権解除した時の手続きと費用

ローンを組んで車を購入した場合、販売業者や信販会社が所有者になっていることがあります。これは「所有権留保」と言い、お金を貸している信販会社や販売会社が、ローンの金額が完済されるまで担保として車の所有権を留保するということです。そしてローン完済となれば所有権留保は不必要となるため所有者が買主に変更されます。それが「所有権解除」です。
>>次の記事へ