自賠責保険を解約したときの重量税還付申請書

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

自賠責保険を解約したときの重量税還付申請書

不動車を廃車するために業者に買取りしてもらうなどして車両を廃車した場合、車両を保有している者に強制されている自賠責保険の解約の手続きが必要になります。
自賠責保険を解約する場合、車体が廃車されたということを証明するために、登録自動車や軽自動車も色々な書類を用意しなければいけません。
その書類の中に自動車重量税還付申請書付表1というものがあります。

重量税還付申請書自動車重量税は車両重量に対してかかる税金ですが、新車購入の際や車検の度に支払うことになっています。
原則は次の車検満了までの期間分に相当する額を前払いするシステムですが、車検を受ける前に解体廃車になった車は自動車重量税の過払い状態になるので過剰分の自動車重量税を月換算した金額を還付してもらうために提出するのが自動車重量税還付申請書です。

自動車重量税還付申請書は解体を事由とした永久抹消登録申請書または、解体届出書と一体となっており、車両が引取り業者などで解体されたという連絡があってから、永久抹消登録申請、または解体届出とともに運輸支局に提出します。
この自動車重量税還付申請書を提出することによって受付窓口より交付されるのが自動車重量税還付申請書付表1です。
付表には還付申請内容を計算する方法が併せて記載されています。
還付金を受け取るまで大切に保存する必要があります。

自賠責保険を解約するにあたっては、ナンバープレートと自動車車検証を運輸支局または自動車検査登録事務所に提出して永久抹消登録や一時抹消登録を受け、各保険会社に自動車重量税還付申請書付表1など廃車が確認できる書類を提出します。
その他に用意するものとしては、印鑑、自賠責保険証明書、保険契約者本人を確認できる書類、金融機関の振込み先口座番号、保険標章が必要です。

買取価格を3万円アップさせる方法


■関連記事
自動車任意保険 廃車時の保険料は
自動車の自賠責保険の還付金について
軽自動車の自賠責保険を解約・還付金手続きするには
自動車の任意保険 解約時の還付金は
自動車の任意保険 中断手続きしたときに返戻金はありますか
自動車保険を中断したときの還付条件
自動車の解体届と自賠責保険の関連性
自賠責保険を解約したとき返戻したことない人でも・・・
自賠責保険引継ぎをする場合
車を永久抹消登録した時
輸出抹消仮登録証明書と自賠責解約
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

自動車保険を中断したときの還付条件

不動車を廃車するために買取してもらったり、転居や経済的な理由で愛車を手放した場合、任意で加入している自動車保険があるケースでは、途中解約することとなり手続きを踏めば支払い済みの保険料のうち、残りの保険期間に応じた保険料が保険解約返戻金として還付されます。

ページの先頭へ