自動車リサイクル料金について(1)

自動車リサイクル料金について。資源の乏しい日本において「自動車リサイクル法」が2002年に制定され、2005年1月に施行されました。ここでは、自動車リサイクル法と自動車リサイクル料金について解説していきます。

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

自動車リサイクル法とは

資源の乏しい日本では、資源の有効活用は大切な問題です。環境問題から見ても、リサイクル活用の重要性や、資源としても価値の高い使用済み自動車が注目されました。そこで自動車リサイクル法が制定されました。

リサイクル料金について

リサイクル料金は、原則として新車購入時に支払うことになっていますが、金額は、自動車メーカーや輸入業者が、対象自動車1台ごとに算出しています。リサイクル料金を支払うと、「リサイクル券」と「領収書」が発行されます。

リサイクルの対象となる車は

自動車は、鉄やアルミなどの金属が使用されている部分も多く、リサイクルの観点からも注目されてきました。2005年に施行された「自動車リサイクル法」に基づき、どの車においても、リサイクルを適正におこなうことが義務付けられています。

中古車売却の際のリサイクルの料金システム

個々の自動車使用者が支払ったリサイクル費用は、国指定の財団法人である「自動車リサイクル促進センター」が、預託金として扱っています。リサイクル料は、自動車が最終的に廃車処分になるまで、その車に付随していくものです。

各自動車メーカーのリサイクルへの取り組み

2005年1月に施行された「使用済み自動車の再資源化などに関する法律」(自動車リサイクル法)では、自動車メーカーを中心として、自動車のリサイクルと適正処理を推進するための役割分担を義務付けています。

リサイクルされる部品とは

年間500万台ほどの車を廃車として抱える日本において、これらの不動車をそのまま廃棄すると環境への多大な負担をかけることになるため、廃車を単なる廃棄物として廃棄するのではなく、熟練したエンジニアが一つ一つのパーツを丁寧に吟味し、再利用できるパーツとそれ以外の利用できないパーツに分けて、なるべく廃棄物を少なく押さえようとするのが、自動車リサイクル法の趣旨です。

買取価格を3万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【3万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車リサイクル料金について(2)
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

自動車リサイクル料金について(2)

リサイクル券はリサイクル料金を預託しているという大切な証明書です。ここでは、リサイクル料金が返ってくる場合、返ってこない場合などについて解説していきます。

ページの先頭へ