自動車リサイクル料金について(2)

自動車リサイクル料金についての解説その2です。リサイクル率、リサイクル料金の使い道、各社リサイクル料金の調べ方、中古車として売却した場合のリサイクル料金、下取り車のリサイクル料はどうなるなどなどについてまとめています。

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

リサイクル率は?

資源の乏しい日本では、資源の有効活用は大切な問題です。環境問題から見ても、リサイクル活用の重要性や、資源としても価値の高い使用済み自動車が注目されました。そこで自動車リサイクル法が制定されました。

リサイクル料金の使い道

2005年1月にスタートした自動車リサイクル法ですが、そのリサイクル料金は車の所有者が将来、所有する車を廃車するときにかかるであろう環境への負担を考慮し、リサイクル費用を分担してもらおうというものです。

各社リサイクル料金の調べ方

2005年1月からスタートした自動車リサイクル法ですが、各所有車のリサイクル料金は、各自動車メーカーや輸入業者がそれぞれの車の廃車時のリサイクルにかかるであろう費用を考慮し設定しています。

大切なリサイクル券とは

リサイクル券とは、2005年の1月に施行された自動車リサイクル法により定められたリサイクル料金を車の所有者がすでに正しく納めているということをあらわす証明書です。

中古車として売却した場合のリサイクル料金

自動車のリサイクル料金とは、2005年に1月に施行された自動車リサイクル法に伴い自動車の所有者がその自動車を将来廃棄するときにかかるであろう費用をあらかじめリサイクル料金として車を購入するときに預託しておく料金のことです。

リサイクル料が戻らない時とは

自動車リサイクル法によるリサイクル料とは、その車の最終的な所有者がその車を廃車するにあたってかかってくるリサイクル費用を事前に支払って負担しておくというものです。

下取り車のリサイクル料はどうなる

通常車を購入する際に、下取りとして自動車販売店へ廃車をお願いすることがありますが、その場合中古車として転売することを目的としていますので、リサイクル料金は次のオーナーが負担する必要があります。

自動車リサイクル 下取りに出した場合

下取りは本来転売が目的となっているため、廃車されることはありませんので、リサイクル料金が使用されることはありません。ならば自動車を下取りに出した場合のリサイクル料金はいったいどうなってしまうのでしょうか?
■関連記事
自動車リサイクル料金について(1)
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

ページの先頭へ