自動車リサイクル法とは

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

自動車リサイクル法って何?

自動車リサイクル法資源の乏しい日本では、資源の有効活用は大切な問題です。
環境問題から見ても、リサイクル活用の重要性や、資源としても価値の高い使用済み自動車が注目されました。

日本では、1年間に約360万台もの車が廃車になっていますが、車の原材料は、鉄やアルミなどの金属製のもの多く、リサイクルすることによって、資源を有効に活用できるようになります。
これまでも、使用済み自動車の総重量の約80%がリサイクルされ、残りの20%は解体や破砕後に残る「シュレッダーダスト」として処分されてきました。

エアバッグなどを適正に処理するためには、自動車解体時に専門的な技術が必要となります。
また、カーエアコンに充填されているフロンガス類は、特にオゾン層の破壊など環境破壊につながり、地球温暖化にも大きな影響を与えてしまうことが分かっています。
処理が困難であるために、処理費用を負担して専門業者に引渡すこともあり、そのために、不法投棄や不適正処理が増える原因になっているといえます。

そのため、自動車のリサイクルや、さまざまな部品などを適正に処理をおこなうようにするために、自動車製造業者には、リサイクルの適性におこなうことを義務付けることが必要になりました。

自動車リサイクル法の制定

シュレッダーダストフロン類に関しては先行して、2002年10月からカーエアコン部分の「フロン回収破壊法」が施行されました。
それに伴い「自動車リサイクル法」が2002年に制定され、2005年1月に施行されました。

自動車の使用者は、リサイクルや、適正処理に必要なリサイクル料金や資金管理料金、情報管理料金を負担すると共に、適正処理ができる、登録された引取り業者に引き渡す必要があります。
さらに、車をできるだけ長期利用し、購入時においては、環境にやさしい車を購入することも大切なこととなってきました。

買取価格を3万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【3万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車リサイクル料金について(1)
リサイクル料金について
リサイクルの対象となる車は
中古車売却の際のリサイクルの料金システム
各自動車メーカーのリサイクルへの取り組み
リサイクルされる部品とは
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

リサイクル料金について

リサイクル料金は、原則として新車購入時に支払うことになっていますが、金額は、自動車メーカーや輸入業者が、対象自動車1台ごとに算出しています。リサイクル料金を支払うと、「リサイクル券」と「領収書」が発行されます。

ページの先頭へ