中古車売却の際のリサイクルの料金システム

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

リサイクル料金の扱い

自動車リサイクル促進センター個々の自動車使用者が支払ったリサイクル費用は、国指定の財団法人である「自動車リサイクル促進センター」が、預託金として扱っています。
この預託金は、自動車をリサイクルする際に、フロン類の回収やシュレッターダストの処理、エアバッグの回収などの、リサイクル費用に充てられるものです。



つまり、リサイクル料は、自動車が最終的に廃車処分になるまで、その車に付随していくものです。

リサイクル料金の負担

リサイクル料金の負担車を売却する際や、販売店などに中古車として下取りしてもらう際には、リサイクル料金を支払ったことを証明する「リサイクル券」が必要で、その券を次の所有者に渡さなければなりません。
その際にはもちろん、新しい所有者から車両価値金額の他に、リサイクル料金としての、預託金相当額を合わせて受け取ることができます。

しかし、資金管理料金だけは、一番初めの所有者が負担することになっていますので、資金管理料金を差し引いた預託金相当額が返金になります。

リサイクル券とは

リサイクル券リサイクル券は、リサイクル料金を支払った時に発行されるものですが、リサイクル料金を預託していることを証明する大切なものです。
自動車の所有者は、この券が発行されたら、車検証などと一緒に大切に保管しておかなければなりませんし、中古車の売却や廃車の際には取引業者に渡さなければなりません。

リサイクル券は、再発行することができません。
万が一、リサイクル券を紛失してしまった場合には、自動車リサイクルシステムHP内の、自動車ユーザー向けページにある「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷することで、リサイクル券の代用とすることができます。
自動車ユーザー向けの「自動車リサイクルシステム」に車体番号など必要事項を入力するだけで作成できます。

買取価格を5万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【5万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車リサイクル料金について(1)
自動車リサイクル法とは
リサイクル料金について
リサイクルの対象となる車は
各自動車メーカーのリサイクルへの取り組み
リサイクルされる部品とは
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

各自動車メーカーのリサイクルへの取り組み

2005年1月に施行された「使用済み自動車の再資源化などに関する法律」(自動車リサイクル法)では、自動車メーカーを中心として、自動車のリサイクルと適正処理を推進するための役割分担を義務付けています。

ページの先頭へ