各自動車メーカーのリサイクルへの取り組み

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

各メーカーのリサイクルへの取り組み

自動車リサイクル法2005年1月に施行された「使用済み自動車の再資源化などに関する法律」(自動車リサイクル法)では、自動車メーカーを中心として、自動車のリサイクルと適正処理を推進するための役割分担を義務付けています。

各自動車メーカーではこの法律に基づき、単に自動車の生産だけではなく廃棄する過程までの、リサイクルへ向けたさまざまな取り組みをおこなっています。


3つの「R」

3つのRリサイクルへの主な取り組みを3つに分けてみると、「Reduce(リデュース:減らす)」「Reuse(リユース:再利用)」「Recycle(リサイクル:再資源化)」の、3つの「R」になります。

「Reduce(リデュース:減らす)」は、車両や、オイルなどの液類を長寿命化にし、長く使用できるような工夫をしたり、車両の軽量化したりすることにより、使用する燃料を抑え燃費を向上させることです。
カーエアコン冷媒などの削減や、リターナブルパレットを採用することにより、流通に必要な資材の削減をしています。

「Reuse(リユース:再利用)」は、中古部品(リサイクル部品)の販売を拡大し、新品の製造を抑えることです。
車の故障時などには、まだ使用できる中古部品と交換して再利用したり、流通資材なども再利用したりするようにしています。

「Recycle(リサイクル:再資源化)」では、自動車を設計・製造の段階を解体しやすい構造にして、容易にリサイクルできるようにしています。

ほかにも、リサイクル容器などの樹脂を積極的に使用したり、外装部分や内装部分に、リサイクル材を使用した部品を使用したりした取り組みもなされています。

95%のリサイクルに対する取り組み

2015年には、車1台に対して、95%のリサイクルができるよう、自動車メーカーや輸入業者が取り組みを始めています。
適正なリサイクルを実施するためには、自動車使用者は廃車にする際に、自治体の登録を受けた取引業者に依頼することが大切です。

買取価格を5万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【5万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車リサイクル料金について(1)
自動車リサイクル法とは
リサイクル料金について
リサイクルの対象となる車は
中古車売却の際のリサイクルの料金システム
リサイクルされる部品とは
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

リサイクルされる部品とは

年間500万台ほどの車を廃車として抱える日本において、これらの不動車をそのまま廃棄すると環境への多大な負担をかけることになるため、廃車を単なる廃棄物として廃棄するのではなく、熟練したエンジニアが一つ一つのパーツを丁寧に吟味し、再利用できるパーツとそれ以外の利用できないパーツに分けて、なるべく廃棄物を少なく押さえようとするのが、自動車リサイクル法の趣旨です。

ページの先頭へ