リサイクル料金の使い道

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

リサイクル料の幅広い用途

リサイクル料の幅広い用途2005年1月にスタートした自動車リサイクル法ですが、そのリサイクル料金は車の所有者が将来、所有する車を廃車するときにかかるであろう環境への負担を考慮し、リサイクル費用を分担してもらおうというものです。

リサイクル料金はリサイクルできる部品などを取り除いたあとのいわゆる廃車くずであるシュレッダーダストをウレタンや繊維部分は熱エネルギーとしてリサイクルしたり、ガラス等は粉砕して塗装材などにリサイクルする費用や、処理に専門的な技術が必要になってくるエアバック等の処理費用、地球温暖化防止のために車のクーラーなどに使われていたフロンガスを無害化する費用などに主に使われます。

リサイクル料金は各自動車メーカー・輸入業者が車種、エアバッグの個数や有無、エアコンの有無などにより車一台一台に設定しています。
およそ6000円から18000円ほどのリサイクル料金は車を購入する際に、自動車の所有者にリサイクル料金として負担してもらっています。

また離島での車の廃車などはその輸送費などに莫大な費用がかかったり、不法投棄の車の処理費用の8割ほどをこのリサイクル料金で補っているという側面もあります。

リサイクル券の保存

リサイクル券の保存基本的には新車の購入時に各メーカーで定められたリサイクル料金を支払い、リサイクル券を発行してもらいます。
このリサイクル券はその車の廃車時に必ず必要になってきますので大切に保存しておきましょう。

新車購入時に預かったリサイクル料金は国から指定を受けた団体が管理し、車の廃車時に責任を持ってリサイクルすることになっています。

自動車購入時以降に、例えばエアコンなどの機能を追加した場合は追加した時点で追加した分のリサイクル料金を支払うことになっています。

買取価格を3万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【3万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車リサイクル料金について(2)
リサイクル率は?
各社リサイクル料金の調べ方
大切なリサイクル券とは
中古車として売却した場合のリサイクル料金
リサイクル料が戻らない時とは
下取り車のリサイクル料はどうなる
自動車リサイクル 下取りに出した場合
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

各社リサイクル料金の調べ方

2005年1月からスタートした自動車リサイクル法ですが、各所有車のリサイクル料金は、各自動車メーカーや輸入業者がそれぞれの車の廃車時のリサイクルにかかるであろう費用を考慮し設定しています。

ページの先頭へ