大切なリサイクル券とは

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

リサイクル券の保管

リサイクル券の保管リサイクル券とは、2005年の1月に施行された自動車リサイクル法により定められたリサイクル料金を車の所有者がすでに正しく納めているということをあらわす証明書です。

2008年1月までは継続車検、中古新規登録、構造の変更などの検査の際に必要になっていました。
自動車リサイクル法に該当する車輌は、自動車と軽自動車です。
これらを廃車するときに、このリサイクル券は必要になってきます。
リサイクル券はA券、B券、C券、D券の4種に分類されています。

A券とは、リサイクル券に記載されている車のリサイクル料金が預託されている公益法人である自動車リサイクル促進センターが証明する書類です。

B券は、その自動車が使用済みになったときに最終所有者に対して車の引き取り業者が必要事項を記入し交付するもので、C券は、公益法人の自動車リサイクル促進センターが資金管理料金を受け取ったという証明書類で、D券は、各メーカーや輸入業者などが自動車の所有者に対してリサイクル料金を通知する書類で、リサイクル料金を通知した後はメーカーの控え書類となります。

リサイクル券はリサイクル料金を預託しているという大切な証明書ですので車の所有者が所持しているべきリサイクル券のA券、B券を自動車検査証とともに必ず保管しておく必要があります。

リサイクル券をなくした場合

リサイクル券をなくした場合リサイクル券を万が一、紛失した場合でもリサイクル券の再発行はできません。
ですからリサイクル料金の預託証明書が必要な場合は、「自動車リサイクルシステム」のホームページから自動車リサイクル料金預託状況が証明書の代わりとなります。

また中古車の場合、中古車を売る側は自動車の下取り料金とともにリサイクル料金が返還されます。
また買う側は新たにリサイクル料金がかかってきますので注意しましょう。

買取価格を5万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【5万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車リサイクル料金について(2)
リサイクル率は?
リサイクル料金の使い道
各社リサイクル料金の調べ方
中古車として売却した場合のリサイクル料金
リサイクル料が戻らない時とは
下取り車のリサイクル料はどうなる
自動車リサイクル 下取りに出した場合
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

中古車として売却した場合のリサイクル料金

自動車のリサイクル料金とは、2005年に1月に施行された自動車リサイクル法に伴い自動車の所有者がその自動車を将来廃棄するときにかかるであろう費用をあらかじめリサイクル料金として車を購入するときに預託しておく料金のことです。

ページの先頭へ