リサイクル料が戻らない時とは

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

リサイクル料が戻ってくるとき

リサイクル料が戻ってくるとき自動車リサイクル法によるリサイクル料とは、その車の最終的な所有者がその車を廃車するにあたってかかってくるリサイクル費用を事前に支払って負担しておくというものです。リサイクル料は各自動車メーカーが年式、車種によってある程度の料金を公表していますが約6000円から18000円ほどかかってきます。

自動車リサイクル法には、自動車と軽自動車がこれに該当します。
また車一台一台によって、エアバックの個数に差があったり、エアコンの有無に違いがあったりしますのでそれぞれリサイクル料が異なります。

リサイクル料の使い道として、廃車するときの最終処理に手間や特別な技術を要するシュレッダーダストやエアバッグ、エアコンのフロンガスの無害化などにかかる費用に利用されています。

ですから、所有する車を中古車として業者に売却した場合や、中古車として海外に輸出する業者に売却した場合などは、その車の新たな所有者が現れるという前提で売却していますので、事前に預託しておいたリサイクル料は返還されます。
ですから、売却時は、車の買取価格にその車の為に預託したリサイクル料が返ってきますので必ず確認しましょう。

リサイクル料が戻ってこない場合

リサイクル料が戻ってこない場合リサイクル料はその車の最終所有者が車の廃車にかかる費用を事前に支払っておくという概念ですので、中古車として車を手放した場合は自分は車の最終所有者にはならないということですので、リサイクル料は返還されます。

しかし、例えばまだ動く車であっても中古車としてではなく、解体したり、リサイクルパーツをとして部品を売却するための業者などに買い取ってもらった場合などは、完全にその車の最終所有者ということになります。
リサイクル料は返ってきません
ので注意しましょう。

買取価格を3万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【3万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車リサイクル料金について(2)
リサイクル率は?
リサイクル料金の使い道
各社リサイクル料金の調べ方
大切なリサイクル券とは
中古車として売却した場合のリサイクル料金
下取り車のリサイクル料はどうなる
自動車リサイクル 下取りに出した場合
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

下取り車のリサイクル料はどうなる

通常車を購入する際に、下取りとして自動車販売店へ廃車をお願いすることがありますが、その場合中古車として転売することを目的としていますので、リサイクル料金は次のオーナーが負担する必要があります。

ページの先頭へ