自動車リサイクル 下取りに出した場合

下取りは本来転売が目的となっているため、廃車されることはありませんので、リサイクル料金が使用されることはありません。
ならば自動車を下取りに出した場合のリサイクル料金はいったいどうなってしまうのでしょうか?大丈夫です。
リサイクル料金はきちんと戻ってきます。
次のオーナーが廃車する場合に使用する目的のリサイクル料金ですので、転売先のオーナーが負担するのが正解です。

愛車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

リサイクル料は誰が負担するの?

自動車リサイクル 下取りに出した場合どんな時にリサイクル料を負担しなくてはならないのか?
それを知るためには、まずリサイクルの本当の目的を知る必要があります。
リサイクル法の目的は、車を処分する時に出るシュレッダーダストやエアバック、フロンガス等を適切に処理し、不適切処理をなくすための徴収金です。
リサイクル法によれば、車を処分する時に所有している者がリサイクル料を負担する義務があるとされています。
つまり、リサイクル料は車を廃車する最後の所有者が支払う必要があるのです。
これらを理解していれば、誰がリサイクル料を負担すべきか分かってくると思います。
どんな時にリサイクル料を支払わなくてはならないか、どんな時にリサイクル料が戻ってくるのかが理解できるはずです。

下取りの場合は?

自動車リサイクル 下取りに出した場合リサイクル法を理解すれば一目瞭然、下取りをお願いした所有者はリサイクル料を負担する義務がなくなります。
下取りは、廃車するわけでなく、中古車として転売されるわけですから車の最終所有者になる方がリサイクル料を負担することになります。
つまり、新しい車の所有者に、リサイクル料を負担する義務が移ると言う訳です。
ですから、下取りに出した元の所有者には、リサイクル料が返還されます。
リサイクル料を支払った証明書がリサイクル券になります。
車検証等と保管してあると思いますが、ない場合でも再発行が可能ですので、下取り時に見つからない場合には、再発行の手続きをすれば問題はありません。

買取価格を5万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【5万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車リサイクル料金について(2)
リサイクル率は?
リサイクル料金の使い道
各社リサイクル料金の調べ方
大切なリサイクル券とは
中古車として売却した場合のリサイクル料金
リサイクル料が戻らない時とは
下取り車のリサイクル料はどうなる
廃車についての基礎知識
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
33歳、飲食店店員、Mさんの14年落ちの不動車にしっかり値段がついた。
24歳、OL、Aさんの多走行車が不動車に。オンラインで見積もりしてみました。
21歳、大工見習い、Sさんの事故車が二桁超えの高額査定。
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

不動車・水没車・廃車・事故車は専門業者に買い取ってもらいましょう!

買取いますぐ32秒、概算価格も24時間速攻査定!不動車でも買取OK!
これが、買取ゼロ円の不動車をお金にする方法です。
査定額が下がる前に!お急ぎ下さい。
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

ページの先頭へ