水没車とは?冠水車とは?

水没車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も今すぐ査定!水没車でも買取OK!
これが、買取0円の水没車をお金にする方法です。査定額が下がる前に!
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

水没車の売却はスピードが命

水没車水没の原因はたくさんあると思いますが、大抵は川や海の氾濫などの災害時などにこうした車が大量に出ることになります。

水没車は修理して乗れる程度のものもあれば、エンジンルームにまで水が浸入し、修理が不可能な場合もあります。

修理することが可能な場合は問題ありませんが、一度水没してしまった車は例え修理することができても、その後故障個所が出てくることが多く、新たに車を買い替えた方が安く済む、安全なことも少なくありません。

そのまま放置するとカビやサビを発生させることもあるため、早めに水没車の対応などを考えた方が得策といえます。

最近では、買取をしてもらえることもありますので、カビやサビが発生する前に売るかどうか決断することが、より高く引き取ってもらうことのできるポイントとなっています。

水没車の売却はスピードが命なのです。

ウォーターハンマーとは

ウォーターハンマー水没車、冠水車などでは、エンジンに直接水が浸入していることも少なくありません。

もちろん修理してそのような水没車に乗っている方もいますが、エンジンにとって水は最大の敵といえます。

エンジンに水が入ってしまった場合、車のエンジンにはどのような影響が考えられるのでしょうか?

通常エンジンは空気とガソリンの混合気を圧縮して稼働しています。

そのため、エンジンに水が浸入するとこの空気が水に置き換わることになります。

空気は圧縮することが容易で、エンジンにとって負荷がかかることはありません。

ですが、これが水になった場合エンジンは通常空気と同じように、水を圧縮しようとします。

車のエンジンに浸水するとウォーターハンマーが起こるところが水は空気と違い圧縮することが難しくなります。

この圧縮をおこなうのが一連のエンジンのシステムですから、圧縮する際に使用するピストンなどのエンジン部品は金属でありながら、耐えることができずに、破損してしまうのです。

これをウォーターハンマーと呼びます。

このウォーターハンマーは、修復することのできない状態になってしまうこともあり、運転している方にとても危険な現象です。

車には、もともと水に浸かる設計がなされていませんから、当然のことかもしれませんが、エンジンに水が浸入した場合は例え動く場合でも、その後故障するということが考えられるのです。

水没車の他の症状

水没車他にも水没車には、時間経過と共にたくさんの症状が現れてきます。

例えば窓などにあるゴムの劣化であったり、サビ付くことが予想されますので窓の開閉が困難になることもあります。

単純なことかもしれませんが、シートやトランクルームなどのカビも考えなくてはなりません。

これらを予想したうえで修理となると相当な費用が掛かってきます。

通常水没車の修理は高額で、新たに車を購入したほうが安くつくということも多くなってしまいます。

買取価格を5万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【5万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

水没車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も今すぐ査定!水没車でも買取OK!
これが、買取0円の水没車をお金にする方法です。査定額が下がる前に!
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

水没車修理の判断基準は?

あなたの車が運悪く水没してしまった場合、修理するべきか、それとも新車を購入するべきか悩んでしまいますよね。水没車でも修理して乗ることは可能な場合がありますが、いくつかの注意が必要です。果たして水没車を修理するかどうか?保険はどの程度効くのか?新車買い替えと比較するかどうか?について考えてみます。

ページの先頭へ