水没車・廃車についての基礎知識

水没車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も今すぐ査定!水没車でも買取OK!
これが、買取0円の水没車をお金にする方法です。査定額が下がる前に!
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

廃車とは?

水没車・廃車についての基礎知識車を廃車にすると聞くと、大抵の方は車をつぶして終わりと思っているかもしれませんね。

でも廃車には正確な意味づけがあります。廃車という本来の意味は、車としての登録をなくすことです。

いわゆる道路を走れない車という扱いになります。そのため、車として走ることはできず、本来の役目を果たすことのできない状態になることを意味しています。

2つの廃車方法

廃車の方法廃車といってもその手続きには2通りあります。1つは永久抹消登録、もう1つは一時抹消登録です。


永久抹消登録は文字通り、永久に走行することのできない手続きであり、一時抹消登録は廃車といっても車自体が解体されるわけではなく、必要な時にいつでも再手続きをすることで車として走行することが可能となる手続きになります。

皆さんのイメージに近いのは、どちらかというと永久抹消登録の方ではないでしょうか?

水没車・廃車についての基礎知識解体を前提としているため、査定などが0円で売ることのできない車には、この手続きをおこなうことになります。

手続きとしては、解体業者が解体したことを証明する証明書がないと永久抹消登録手続きを行えない、となっています。

そのため、解体してからの手続きですから車に乗ることのできない状態でしか受理できないため、一般に永久抹消登録をおこなうには解体業者に依頼することになります。

ディーラーなどに持ち込んだ場合も同様、解体業者に委託する形となります。

廃車に必要なもの

廃車といっても、難しい手続きではありませんので、ご自身で手続きをおこなうこともできます。お店などに依頼する場合もありますが、それぞれ必要となるものが違ってきますので、注意が必要です。

廃車に必要な印鑑証明書まずは共通しているものとして、発行日から3ヵ月以内の所有者の印鑑証明書が必要となってきます。

また、所有者の実印の押印のある所有者の委任状、車検証、ナンバープレート2枚が必要となります。

ご自身で手続きをおこなう場合には、これプラスリサイクル券に記載されている「移動報告番号」と「解体記録日付」の記載されている書類、手数料納付書と印紙、永久抹消登録申請書、地域によっては自動車税、自動車所得税申告書などが必要になってきます。

廃車に必要なものまた、この他にも、自動車車検証の登録住所が違う場合には住民票も必要となります。苗字が異なる場合には、戸籍謄本も必要です。

このように廃車と一口に言っても書類にはじまり、手続きに色々な手間や費用が掛かってきます。

しかし、買取業者に買取をお願いすると、こういった余計な作業を丸投げすることができ、なおかつより高い値段で引き取ってもらうことができるかもしれません。

一度検討してみられるといいでしょう。

買取価格を5万円アップさせる方法
不動車の買取価格を【5万円】アップさせる方法!


■関連記事
自動車下取り0円でもあきらめるな
買取に出したら不動車が3万円程度に
不動車売却のメリット
かんたん車査定ガイドとは?

水没車を間違いなく最高査定額で買取してもらう唯一つの方法

買取いますぐ32秒、概算価格も今すぐ査定!水没車でも買取OK!
これが、買取0円の水没車をお金にする方法です。査定額が下がる前に!
>>あなたの愛車の最高買取額を今すぐ無料でスピード査定!

事故車買取のタウも良いですよ!



事故った車、事故したてホヤホヤのぶっつぶれた事故車なら、断然「事故車買取のタウ」ですね。ぜひ一度査定例をご覧下さい。

水没車買取・売却のメリット

水没車買取・売却のメリット。水没車・冠水車・浸水車をオンラインの車一括査定サービスで買取してもらうとさまざまなメリットがあります。まず維持費がかからなくなること。廃車費用を支払うことなく、現金で買い取ってくれることなどいいことづくめです。あらゆる手数料が無料、出張見積もりも無料です。見積もり依頼だけでも試す価値があります。

ページの先頭へ